« 直虎第三十二回、政次のこれより小野は徳 | トップページ | ズ―岡の「不思議な話ふたたび(5)」 »

2017年8月14日 (月)

久のドラゴンゲートメインイベントその2

またまた更新サボってしまってました。(;)
面目無い!

もう8月の後楽園大会も終わってますが、引き続きメインイベント後半戦です。(;)

全員揃った時点でオーバーザトップロープルールが採用、相手を場外に落とそうと大乱戦!
混戦の中、クネス選手の光の輪を切り返して選手がカウント3!
最初の脱落者はジミークネスJKS選手!

ススム選手が選手を追撃すると選手が介入!
豪快に投げまくるも、最後はススム選手のジャンボの勝ち!固めに沈む。
二番目の脱落者は選手!

次と攻守入り乱れる中、斎了選手の策でエプロンに落ちた清水選手に神田選手がジョンウーで追撃!
三番目の脱落者はビッグ清水選手!

一気に畳み掛けたいジミーズでしたが、土井吉の連係からトルベジーノ十字固めで吉野選手が神田選手をフォール!
四番目の脱落者はジミー神田選手!

更に攻勢に出るマキシマム、土井選手がバカタレスライディングキックで斎了選手をフォール!
五番目の脱落者は斎藤ジミー了選手!

まだまだ続く攻防、ススム選手と堀口選手が吉野選手に畳み掛けて、バックスライドフロムヘブンで殊勲のフォール!
六番目の脱落者は吉野正人選手!
ジミーズ、マキシマム共に残りは2人!

ススム堀口と土井の対決!
土井選手と堀口選手が丸め込みの応酬、その間隙を縫って選手が堀口選手にカルデラを叩き込んでガッチリとフォール!
キャプテンの堀口選手が敗れたため、マキシマムの勝利!

歓喜する選手がマイクでユニットNo1を高らかに宣言すると、触発されて他ユニットが続登場。
アピール合戦の収拾がつかなくなると、モチフジが登場してユニット解散を懸けたサバイバルリーグ戦を提案し、八木本部長が回試合を決定しました。(o;)

各ユニット退場後、昨年二つのユニットで解散を味わった清水選手と未だに垢抜けないマイクの選手を弄りつつ、最後は吉野選手がきっちりと締めました笑

その後の結果はご存知の通り、現在もサバイバルリーグ戦が継続している最中です。
解散ユニットが決まるのは9月の大田区体育館大会、果たしてどのユニットが解散となるのでしょうか?

いつも気まぐれ更新で本当にすみません。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

« 直虎第三十二回、政次のこれより小野は徳 | トップページ | ズ―岡の「不思議な話ふたたび(5)」 »